オンラインカジノと日本経済への影響

オンラインカジノと日本経済への影響を考察するとともに、この業界の最近の動向から、この分野の世界的な動き、今後の日本のオンカジ業界のあるべき姿、ギャンブル依存症を救う救世主?それが新しいオンカジの姿というテーマで記事を展開、オンラインカジノのことを今すぐ理解していただける内容となっていますので読み進めていきましょう。

大胆予測!オンラインカジノと日本経済への影響

オンラインカジノの最近の動向から、この分野の世界的な動き、今後の日本のオンカジ業界のあるべき姿、オンラインカジノの日本経済への影響、ギャンブル依存症を救う救世主?それが新しいオンカジの姿というテーマで記事を展開していきます。知らないでは済まされなオンカジの世界中の動向、そして日本の動向ぜひ今すぐ確かめてください

目次:

日本においてのオンラインカジノの最新動向

統合型リゾート整備推進法が成立した日本

オンラインカジノと日本経済への影響

オンラインカジノ合法化による日本経済への影響
ギャンブルという娯楽が必要な日本人

オンカジの還元率(RTP、ペイアウト率)は脅威の約97%

オンカジが日本経済へ与える影響、ギャンブル依存症

まとめ

日本においてのオンラインカジノの最新動向

2022年はオンラインカジノが注目を集めた年でした。山口県阿武町で起きた誤給付問題です。その額は、ご存知の方は多いと思いますが、驚きの4630万円です。電子計算機使用詐欺容疑で逮捕された田口氏は、その誤給付されたお金を「オンラインカジノに使った」と供述したため、オンラインカジノが一気に話題となりました。

なお、政治も動きました。衆院予算委員会の集中審議にて、野党議員からオンラインカジノを「放置するのか」と迫られた岸田文雄首相は「違法なもので、厳正に取り締まる」と述べました。

「ただし取り締まりは現実的なのだろうか?」

という疑問が残ります。

日本では公営ギャンブル以外の賭博は法律で禁止されているというところでありますが、ほとんどのオンラインカジノは、ギャンブルを合法とする国でしっかりライセンスを取得しており、その国の監督の元、運営されています。(ちなみに、ライセンス取得無しで運営しているところは問題外です。)

例えば、多くの日本人もマカオやラスベガスでカジノを楽しみます。カジノを合法な国でプレイした場合は問題が無いということになっています。マカオやラスベガスにおいて、カジノは観光の目玉ですからね。

最近では日本周辺、アジアにて韓国やフィリピン、カンボジアでもカジノが合法化されていて、その国で楽しむことができます。

こうした事情を踏まえ、現行法にて外国のカジノの取り締まり、オンラインカジノの取り締まりにはかなりのハードルがあるということになります。

そして日本においては、統合型リゾート整備推進法(IR推進法)が成立したという事実があります。

統合型リゾート整備推進法が成立した日本

日本のカジノですが、統合型リゾート整備推進法(IR推進法)が成立し、統合型リゾートの建設が進みました。ご存じですか?統合型リゾートとは、マカオ行ったことがあると思うのですが、マカオのベネチアンやギャクシー、パリジャンなどのランドカジノ一体型のリゾート施設になります。マカオなので、観光客のほとんどは中国人ですが、中国から多くの人々、観光客がここに押し寄せます。なお日本人も多くの観光客もマカオに訪れています。統合型リゾートには、多くの外国人が訪れ、経済効果が大きいというのが大きな特徴となります。

日本のカジノですが、統合型リゾート整備推進法により、統合型リゾートの建設が進み、オリンピック前の開設予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で建設が遅れているというのが現状です。

なお、統合型リゾート整備推進法による統合型リゾートの建設の遅延の中、2020年に端を発した新型コロナウイルス、新型コロナウィルスの影響で、それに伴い巣ごもり需要、引きこもり需要の影響でオンラインカジノカジノへのアクセスが世界的に増えました。

新型コロナウイルスが大流行していた最中では、外に出足り、外に出て人に接触するのが最も危険と言われていた時、オンラインカジノは外に出ることなく、本場カジノのゲーム、バカラやルーレット、ポーカー、ブラックジャック、スロットが家にいながら楽しめるからです。

オンラインカジノと日本経済への影響

日本のギャンブル人口は推計1024万人となっています。基本的にはギャンブルをやらない人間、例えばパチンコをやらない人間は、競馬もやらないし、競艇もやりません。ギャンブルをやらない人は、ギャンブルに対して懐疑的だからです。ということは、ギャンブル人口は推計1024万人ということで、1024万人のパイの取り合いということになります。例えば競馬をやっている人が、スロットへ行き、飽きたらオンラインカジノに没頭し、今度はパチンコに戻るということになります。もちろん分野を絞った専業ギャンブラーはいるにしろ、一般ギャンブラー層と比べると数は専業ギャンブラーの方が少ないです。このことから考えると、オンラインカジノが日本経済へ及ぼす影響について、全く無いと考えられます。オンラインカジノは、1024万人のパイの取り合いの1つのギャンブルにすぎないからです。

オンラインカジノ合法化による日本経済への影響

もしもの話ですが、統合型リゾート整備推進法が成立したことで、カジノが合法化、そして日本においてもオンラインカジノを合法化することにより、日本において事業を行うオンラインカジノを登録制とし合法化、そうすることにより税収を政府で得れるのではないかと考えています。政府の後押しがあれば、プレイヤーはプレイしやすくなることは間違いありません。このような動きは、世界的な取引であるFXトレード(外国為替証拠金取引)や仮想通貨取引業者(暗号資産、ビットコイン取引)において現状進められています。世界にはたくさんのFXトレード(外国為替証拠金取引)や仮想通貨取引業者(暗号資産、ビットコイン取引)が存在するのですが、日本で商い(ビジネス)を行うには免許が必要となっています。ちなみにFXトレードや仮想通貨取引業者は金融庁が管轄していますね。

主な管轄省庁はこのようになっています。

監督官庁 対象ギャンブル、トレード
金融庁 FXトレード、仮想通貨取引業者
経済産業省 競輪、オートレース
国土交通省 競艇、カジノ(都道府県も一部管轄)
農林水産省 競馬
文部科学省 toto(スポーツ振興くじ)
総務省 宝くじ

オンラインカジノが合法化されれば、この表の法則に当てはめると、国土交通省やデジタル庁あたりになりそうですね。もしオンラインカジノが合法化、認可性にすれば、日本としては税収も増えますし、少しくらい日本経済への影響も出てくるかもしれませんね。ちなみにアメリカでは州ごとのに異なり、州によってはオンラインカジノが合法で、合法化の動きが進んでいます。最近の傾向としては、オンラインカジノの合法化の他には、医療大麻の合法化、娯楽大麻の合法化がアメリカではトレンドとなっていますね。この新しい分野から税収が徴収できるということで、アメリカや諸外国ではこのような動きが進んでいます。日本においては、山口県阿武町で起きた4630万円の誤給付問題もあり、オンラインカジノの違法性が謳われていますが、世界の潮流は合法化に向かっています。島国ニッポンにいると、マスコミが取り上げない限り、分からない、知ることができない状況が世界各国で起きているのが実は現状です。

ギャンブルという娯楽が必要な日本人

毎日満員電車に揺られ、働きづめの日本人、そのような状況で、生活、人生を楽しめるのでしょうか?やはり趣味は大切です。人によっては 泳ぐことが趣味、体を鍛えることが趣味、スノーボードをやることが趣味、 山登りをすることが趣味、映画鑑賞が趣味、お料理が趣味、グルメが趣味、ギャンブルをすることが趣味と様々です。

ギャンブルも娯楽、人それぞれが選ぶことができる趣味なのです。

基本的にはオンラインカジノですが、外国のオンラインカジノが合法な国で、オンラインカジノ免許を取得、合法的に運営されており、さらにそれぞれのゲームは還元率(RTP、ペイアウト率)に従い運営されていて、その結果により、家にいながら遊んで、勝ったら出金もできてしまうのが人気の理由です。

還元率(RTP、ペイアウト率)に従い運営されているので、必ず勝つ人もいるということがポイントで、人々を熱狂の渦に巻き込みます。

なお、還元率(RTP、ペイアウト率)に従い運営されているので、必ず勝つ人はいるのですが、その反対で必ず負ける人もいるというゼロサムゲームとなっています。プレイヤーはこぞって勝利側にまわるようにプレイします。

オンカジの還元率(RTP、ペイアウト率)は脅威の約97%

オンラインカジノの還元率(RTP、ペイアウト率)は、平均で97%です。

RTPとはプレーヤー(賭けた人)に対してどれくらいの割合の金額が戻ってくるかの指標で、還元率やペイアウト率とも呼ばれています。

この還元率、日本でも人気なパチンコは約80%、競馬は約70%、サッカーのtotoで50%、宝くじは約40%(宝くじは実はすごい低い)と言われていています。

オンラインカジノの還元率(RTP、ペイアウト率)は、平均で97%と言われていますが、還元率(RTP、ペイアウト率)はゲームにより異なり、テーブルゲームのブラックジャックにおいては、平均的な還元率は99%で最大102%にも及び、胴元泣かせのギャンブルまであるほどということなのです。これが理由で、世界中の人々がオンラインギャンブルに今プレイヤーが集まって来ていて、日本も例外ではありません。どちらかというと日本人は、ゲーム好きでスマホゲームに関しては、障壁がほとんどなく、スマホゲームからオンラインゲームへの移行が入りやすい傾向です。

オンカジが日本経済へ与える影響、ギャンブル依存症

ギャンブル依存症という言葉があるように、ギャンブルは時には人々を魅了し依存症になってしまいます。パチンコやスロット、競馬、競艇、競輪、宝くじ、777(ラッキーセブン)と勝った時の喜びは忘れられません。ギャンブル等依存症とは、ギャンブルにのめり込んでコントロールができなくなる精神疾患の一つつと言われています。自分自身でコントロールができなくなるということで怖いですよね。 これにより、日常生活や社会生活に支障が生じることがあります。ギャンブル依存症ということで、ギャンブルであるオンラインカジノも同様です。依存症には注意が必要です。

それではオンラインカジノで、ギャンブル依存症を回避する方法はあるのでしょうか?

例えば、2004年にヨーロッパのEUに加盟したマルタ、そのマルタ政府からオンラインカジノライセンスを取得しているオンラインカジノである コンクエスタドール  

には、次のようなギャンブル依存症防止機能があります。

(1)入金上限機能

一定期間内(日、週、月単位で可能)に入金できる金額を制限することができます。限度額を設定すると、選択した期間中、その値までしか入金できません。

(2)使用制限機能

一定期間内(日、週、月単位で可能)にアカウントにログインした際に入金できる金額を制限することができます。

(3)プレイ一時停止機能

こちらの機能を利用することで、24時間、ゲームにアクセスできないようになります。

(4)リアリティチェック機能(プレイ時間お知らせ機能)

一定期間(15分、30分、60分)プレイした際に通知を受け取ることができ、それを確認するまでプレイを続けることはできません。

(5)休息の期間機能(一定期間ログインできなくする機能)

ゲームを一時的に一定期間(24時間、1週間、1ヶ月)、中断することができます。

コンクエスタドール  

のようなギャンブル依存症防止機能があるオンラインカジノはまだまだ珍しい存在となるので、まだオンラインカジノをプレイした事がない人誰でもが、安心してプレイできる外国政府の免許を取得済みのオンラインカジノとなっています。

そしてオンカジ 入金不要

で、このコンクエスタドール(CONQUESTADOR)をタダで試す事ができるので、こちらのオンカジ 入金不要 

に関しての記事を読むことをお勧めします。

まとめ

オンラインカジノが日本経済へ与える影響はあるのでしょうか?今のところ、あくまでの現段階では、数あるギャンブルの種類の中で、オンカジもそのひとつ、パイの取り合いということで、影響は全く無いという見解ですが、「一見は百聞にしかず」、そこでそれを確認するために、もしあなたがオンカジをお試しでプレイするとしたら、何を基準で選びますか?

ギャンブル依存症防止機能があるオンラインカジノ、それがヨーロッパのマルタで免許を取得しているオンカジ、コンクエスタドール (CONQUESTADOR)  

です。

安心、安全に遊ぶ事ができるのがこのオンラインカジノです。ギャンブル依存症防止機能があるオンラインカジノをまずは試してみて、あなたなりの見解を打ち出してください。

世界はオンラインカジノを税収の面からも合法化の方向へ進めているというのは事実であり、まだこのヴァーチャルゲームであるオンカジを知らない人は、今すぐコンクエスタ ドール (CONQUESTADOR)のオンカジ 入金不要 

記事にて無料で体感ができますのでご覧ください。

12 COMMENTS

  1. Hi there, I found your blog by way of Google even as searching
    for a comparable matter, your web site got here up, it seems great.

    I’ve bookmarked it in my google bookmarks.
    Hi there, simply became aware of your blog via Google, and found that it’s really informative.
    I’m gonna watch out for brussels. I will be grateful in case you continue this in future.
    Lots of folks will probably be benefited from your writing.

    Cheers!

  2. Hey very cool blog!! Man .. Excellent .. Amazing ..
    I will bookmark your web site and take the feeds also?

    I am happy to find so many helpful info right here in the put up, we want develop more strategies in this regard, thank you for sharing.

    . . . . .

  3. Hey! I know this is kinda off topic however I’d figured
    I’d ask. Would you be interested in exchanging links or maybe guest writing a blog article or vice-versa?
    My blog addresses a lot of the same topics as yours and I believe we could greatly benefit from each other.
    If you might be interested feel free to send me an email.
    I look forward to hearing from you! Superb blog by the way!

  4. It is perfect time to make a few plans for the longer term and it
    is time to be happy. I have learn this put up and if I could I wish to recommend you few attention-grabbing things or suggestions.
    Maybe you can write next articles referring to this article.
    I desire to learn more things approximately it!

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

All Categories